FC2ブログ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

イチジクのデザート

2016.10.30
m_100906_1419_01.jpg

イチジクを使ってデザートを作りました。

作り方
1、皮をむいた実だけを器に入れて牛乳を注ぐ。

m_100906_1419_02.jpg

2、冷凍庫で固めます。
上からチョコレートソースをかけてみました。

m_100906_1956_01.jpg

う~ん、作らないほうがよかったです。
イチジクをそのまま食べたほうがおいしいです。







スポンサーサイト

きく芋で健康づくり

2016.04.24
これが、きく芋です。

120423_0929~01

きく芋は、知る人ぞ知る糖尿病のインスリン効果を発揮する食べ物です。

テレビでも、新聞でも、雑誌でも報道されています。

で、早速 作りました。

材料

・きく芋
・めんつゆ

作り方

1、洗って皮をむく

120423_1108~01

2、薄く切ります

120423_1329~01

ほら、こんな具合に薄く切りました。

120423_1329~02

3、保存する容器に入れて、めんつゆを注ぐ

120423_1338~01

めんつゆは、小さいビンを1本使い切りました。

写真ではきく芋がはみ出していますが

10分ぐらいすると、しんなりしてきて どっぷりつかります。

すぐにでも食べれますが、

私は3時間後にご飯のおかずとして食べました。

漬物代わりです。

しゃきしゃきして、めっちゃおいしいです。

また、 アレンジ料理として、

てんぷら・サラダ・煮物・など

きり方を工夫していろいろ作ってください。










氷砂糖を使ってゆず茶を作りました♪

2015.12.16
今年もあとわずかで終わろうとしています。
やり残したことはありませんか。
そして、この季節は風邪引きに注意して乗り切りたいものです。

ところで、ゆず茶に適した黄色のゆずは
11月頃から店頭に出回りますね。
ゆずは、香りも良くてビタミンCもたっぷり含まれています。
だからこそ
11月~12月にかけては是非、ゆず茶を作りたいものです。

前置きはこれぐらいにして、ゆず茶作りをはじめていきます。

★ 材料

・ゆず(収穫期の新鮮で色つやの良いもの) 500g
・氷砂糖 500g
(氷砂糖の量が多めですが、発酵を防ぐ為です。)

121118_2144~01

★ 作り方

1、ゆずは、へたを取り、お水できれいに洗います。
洗ったら、清潔なタオルなどで水気をふき取ってください。

2、どんなきり方でもいいから中身と皮に分けます。
そして、種は取り除く。

皮はたんざくに切ります。
中身はぐちゃぐちゃのままぶつ切りにします。

121118_2157~01

121118_2157~02

121118_2226~01

3、容器を煮沸して水気をなくしたら
いよいよつめていきます。

ゆず、氷砂糖、ゆず、氷砂糖、・・・
こんな順番で積み重ねるように入れていきます。

121118_2239~01

ほら、いっぱい詰まりました。

121118_2226~02

4、つめ終わったら、しっかりと容器を密封して完成です。

121118_2238~01

完成といいましたが、氷砂糖が溶けるまで
ときどきびんをやさしく振ってあげてくださいね。

私は、うれしくて1日に何度も振りました。
自分の手作りは愛着がわくものです。
だから、しょっちゅう見て振りました。

121120_2003~01

5、約1週間が過ぎました。

121203_1119~01

見えますか。
氷砂糖が溶けきっているでしょう。

121203_1120~01

これで、ゆず茶のできあがりです。
出来上がったものは、冷蔵庫で保管してください。
冷蔵庫に入れておかないと、
発酵して香りや色が悪くなりますから注意しましょう。

早速
私が手作りした出来立て ほやほやのゆず茶を
おじいちゃんに飲んでもらいました。
「おいしいわぁ・・・」
「もういっぱい飲ませて。」
おじいちゃんを筆頭に、家族みんな大喜びです。

121118_2315~01

121118_2316~01

121118_2318~01

すぐに飲むもよし、とろ~りと濃くなったものを飲むもよし、
ゆず茶は、体も心もほっこりさせてくれます。
手作りって、いいですねっ!









買うんじゃなかった「しゃけとば」なんか・・・

2015.11.09
私はお酒が飲めないのに
お酒のおつまみが大好きです。

「しゃけとば」は、まだ食べたことがありませんでした。
スーパーで見てもインターネットで見ても
「しゃけとば」って、かなり高価です。
それに、塩ジャケが大好きで
おにぎりと言うと必ずシャケのおにぎりを買います。
だから、
かなり美味しいのだと期待して買いました。

ところが、カチカチなんです。
軽くあぶって食べるように書いていますが
あぶっても硬いです。
そこで、クックパッドで美味しい食べ方を探しました。

炊飯器で作る「しゃけとば」の炊き込みご飯が掲載されていました。
書いてある通りに作りました。

tn.jpg

食べてみて
これは、あかんわ!
夫に出したら殴られそうです。
かなり魚好きの人なら食べてくれると思った。

三つ葉ではさんで食べています。
三つ葉が魚臭さを消してくれます。
また、残りの「しゃけとば」はお酒に漬け込んで保存しました。

tn.jpg





夜は冷え込むので、お鍋を作ってみました。

2015.10.31
海老と白菜とハマグリを買って鍋を作りました。

130107_1024~01

こんな風にセットしてから市販の鍋用スープを注ぎます。
うわ~っ、スープがかかった海老が真っ赤になりました。

130107_1025~02

そして、味見をしながらお水を足していきます。
お水の量は、大体2倍です。

ふたをして煮込みました。
完了です。

130107_1037~01

なんだかスープの量が多すぎたみたいですね。
チャポン、チャポンになってしまいました。
ハマグリは、どこへ行ってしまったのでしょう。

小さな入れ物に取り分けて食べました。

130107_1039~01

このお汁がたまらなく美味しいです。

130107_1041~01

トマトベースの味なのに魚介類のコクとうまみがあるから
メッチャ美味しいです。

そして、最後は、ご飯を入れて食べました。

130107_1358~01

130107_1359~01

驚くほど美味しかったです。